営業品目

営業品目

VOC放散量測定用大形チャンバー装置

環境に配慮した製品開発に不可欠な装置です。

製品から放散されるVOC(揮発性有機化合物)量測定が要求されています

■厚生労働省による「室内空気汚染物質の空気中濃度の指針値」では、13 種の化学物質が指定されています。VOC 放散量測定用大形チャンバー装置は、室内空気汚染物質の発生源となる建材、家具、TV やパソコンなどの試験が可能です。
■欧州、米国などでは、大形チャンバーによるホルムアルデヒド・VOC 測定の規格が定められています。

大形チャンバーの特徴

■米国材料試験協会(ASTM)、ドイツ政府研究機関(BAM)、欧州規格(EN)などに準拠した測定方法が可能なVOC 放散量測定用大形チャンバー装置です。
■試験体の大きさ等に応じてサイズ、レイアウトをご要望に合わせて製作いたします。
■二重チャンバー方式(日本国特許第3668474 号)を採用していますので、チャンバーが設置された室内の環境変化の影響を受けにくく、チャンバー内部の清浄度、温湿度を精度よくコントロールできます。
■独自開発の改質活性炭により、VOC、ホルムアルデヒドなどを安定して吸着・除去しますので、試験開始前のチャンバー内バックグランド濃度をTVOC(総揮発性有機化合物)値20μg/m3未満に保ちます。

導入の効果・納入実績

■弊社製品を導入いただいたお客様で、BAM 認証取得により、 『 ブルーエンジェルマーク取得用エミッションデータの採取時間短縮及び大幅なコスト削減ができた 』とご好評を得ております。
■VOC 放散量測定用大形チャンバー装置は、製品を分解せずに一体で測定できます。
■国内及び海外の官庁関連試験室をはじめ大手の電子機器メーカー、家電メーカー、化学分析会社など多くの最先端分野でご採用いただいております。

カタログのダウンロード(1,709KB)

ページ先頭へ戻る